ジスロマックは扁桃炎にも効果あり

ジスロマックと言えばクラミジアの感染症やマイコプラズマなどにも効果のある抗生物質で有名ですが、扁桃炎にも効果があります。扁桃炎はカゼと似ているので間違いやすいのですが、カゼ薬では治りません。しっかり殺菌をして治しておきましょう!

*

扁桃炎には薬の服用以外にどんなことをすればいいのか

      2016/11/20

つらい扁桃炎を治すために、薬の服用以外にも出来ることがあります。
炎症している箇所を冷やしてみたり、免疫力を上げるビタミンなどを摂取することが良いとされています。

炎症で熱を持つので冷やすこと

まずは喉の周辺を冷やしてみましょう。

扁桃炎とは扁桃腺が炎症を起こして熱を持っている状態ですので、患部周辺を冷やすことで痛みを軽減させることが出来ます。特に腫れている部分に白い斑点や、ブツブツとした膿栓が出ている場合は効果的です。保冷剤をタオルで包んだものや濡れタオルなどを使って、首の横から正面あたりを冷やすといいでしょう。

熱が出ている場合は、動脈の上から冷やせば熱が下がりやすくなります。ただしリンパ腺は冷やし過ぎないよう注意してください。炎症を起こすということは、免疫力を上げてウィルスと戦っているということです。冷やすと痛みは引きますが、リンパ腺の働きも鈍ることになってしまいます。

冷やすのは痛みが激しいときのみにした方がいいでしょう。

ビタミンCが豊富な柑橘系

扁桃炎になってしまうと食事をとるのが難しくなってしまうことがありますが、出来るだけ症状を抑えてくれるような栄養をとりましょう。

食べ物には薬ほどの即効性があるわけではありませんが、ビタミンCが豊富な野菜や果物を食べるようにしてください。ビタミンCには免疫力を上げてくれる働きがありますので、さらなるウイルス感染から体を守ってくれます。おすすめなのは、みかんやグレープフルーツなどの柑橘系の果物です。特にレモンには殺菌効果もありますので、痛みや炎症に働きかけてくれます。同じく殺菌作用のあるはちみつと一緒に、はちみつレモンにしても良いでしょう。

葛根湯などの漢方薬

漢方薬を活用するのも効果的な方法の1つです。

葛根湯は扁桃炎の初期症状によく効く漢方薬として有名です。原料の1つである生姜には、体を温めて代謝と免疫力を上げる効果があることが知られています。
また甘草エキスには消炎鎮痛作用がありますので、喉の炎症を抑制してくれます。発症してから数日経過した扁桃炎には、小柴胡湯が効果的です。こちらの漢方薬も体を温め、免疫力を向上させてくれる他に発熱でダメージを受けた際の筋肉痛や、疲労感にも効果があると言われています。

マスクも有効利用する

これらの方法を行うとともに、喉が乾燥しないように気を付けてください。

扁桃腺が乾燥すると、さらに痛みや腫れの症状が悪化してしまいます。乾燥を防ぐにはマスクをつけるのが効果的です。食事の時以外はマスクを着けて過ごすようにしましょう。マスクは濡らして使うとより効果が期待が出来ます。最近では保湿効果のあるマスクや周辺グッズが多種に渡り販売されているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。